share!

「コロナで収入途絶え」自殺目的で放火か 4人死傷

「コロナで収入が途絶え死を意識した」ということです。
おとといの夜、東京北区の木造アパートの自室に灯油をまき、ライターで火を付けたとして、放火の疑いで逮捕された自称金田一淳悦容疑者が、調べに対し「新型コロナで収入が途絶え、自殺したくて火を付けた」と供述していることがわかりました。
この火事で、2階に住む小野豊さんが死亡したほか男女3人がケガをしています。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ