視聴データの取り扱いについて

よくあるご質問 

1. サービスの概要

テレビ東京では放送サービスの向上などのために、インターネット接続機能を利用したテレビ受信機を対象に、番組の視聴状況を「視聴データ」として収集しています。

2. 収集および利用主体

株式会社テレビ東京

3. 収集するデータの項目

収集する「視聴データ」の項目は、主に以下のとおりです。

● テレビ受信機を識別するための情報
● IPアドレス
● 視聴中のチャンネル情報(テレビ東京の情報のみ)
● テレビ受信機に設定された郵便番号
● 視聴中の番組の時刻情報(テレビ東京の情報のみ)

個人情報(お名前、住所、電話番号、メールアドレスなど個人を特定する情報)は、収集しておりません。また、視聴データを個人を特定するために利用することはありません。

4. 収集タイミングと収集方法

「視聴データ」は、インターネット接続されたテレビ受信機を対象に、テレビ東京の番組を視聴中にインターネット接続機能を利用して収集しています。
  • 1. テレビ起動放送受信

    TXテレビ東京の番組にチャンネルを合わせると…
  • 2. データ放送起動(透明)

    画面には表示されないデータ放送画面(いわゆる「透明スクリーン」)が起動します
  • 3. 視聴データ送信

    インターネットに接続されたテレビでは透明スクリーンの起動中、一定間隔ごとに視聴データが送信されます

5. 保管場所

収集した視聴データは日本国内のサーバーに保管されます。

6. 利用目的

収集した視聴データは、以下の目的で利用します。

● より良いコンテンツの企画制作提供のための視聴状況の調査分析
● 自社の営業活動用のマーケティングデータとしての利用
● 番組や自社イベント商品サービスなどの宣伝
● 視聴データを活用した新サービス広告配信の検討
● その他、システム改善、放送サービスの向上 など

7. 利用方法

収集した視聴データは、放送局や調査会社などが持つ様々なデータ(個人情報は含まれません)と組み合わせて分析し、上記の目的のために利用する場合があります。また、テレビ視聴者が保有していると推定される(推定にあたって個人を特定することはありません)スマートフォンやパソコンなどに対して、番組のお知らせなどを表示する場合があります。

8. 共同利用

テレビ東京では収集した視聴データを以下のように共同利用します。

● 共同利用する視聴データの項目
  「3. 収集するデータの項目」に記載した項目と同じです。
● 共同利用する者の範囲
  テレビ東京の系列局およびグループ会社
● 共同利用する者の利用目的
  「6. 利用目的」に記載した項目と同じです。
● 共同利用に関する責任者
  株式会社テレビ東京

9. 第三者提供

現在、視聴データの第三者提供は行っていません。

10. 保存期間

収集した視聴データの保存期間は、原則として収集から最大60か月とします。
保存期間が経過した視聴データは速やかに消去します。

11. 視聴データ収集の停止

「視聴データ」の収集を希望しない場合は、データ放送画面から「協力しない」を設定することで、視聴データの収集を停止することができます。また、停止した後も、データ放送画面から「協力する」を設定することで視聴データの収集を再開することができます。なお、「視聴データ」の収集に協力する/しないにかかわらず、番組の視聴には影響ありません。

12. お問い合わせ先

テレビ東京視聴者センター
/index/company/toiawase.html
● 上記で示した視聴データの取り扱いについては、放送分野の認定個人情報保護団体であるSARC(一般財団法人 放送セキュリティセンター)が2020年7月に公表した「オプトアウト方式で取得する非特定視聴履歴の取扱いに関するプラクティス(ver2.0)」に則っています。
● よくあるご質問については視聴データQ&Aページもご覧下さい。

2018年4月1日 掲出
2019年9月23日 改定
2020年9月8日 改定